部品の選択
   メーカーリンク
   CAD部品図面出力/配置
   部品表作成【エクセルでの作成】
   部品表作成【EG PARTSでの作成】
   エクセル部品表から見積依頼【Excel入力】
   EG PARTS部品表から見積依頼
   部品表へ
   CAD部品プレビュー図面の操作|設定方法
   EG PARTSコマンドボックス【オートキャドメカニカル機能のみ】


Step-1 まず、デスクトップアイコンにあるからEG PARTS総合カタログを表示してください。が表示されていない場合はインストールしてください。】
(オートキャドメカニカルご使用の場合はCAD内の
コマンドボックスからEG PARTS総合カタログを表示してください。)
Step-2 ”オンライン”と”目次”(黄色枠内)ボタンをクリックしてください。
Step-3  次にフォルダ(青枠内)をクリックし、展開されるフォルダを順次クリックしますと ”CADプレビュー画面”(黒枠内)へ選択された部品が素早く表示されます。 (選択された部品の寸法などの詳細をさらに変更希望の場合は、赤枠内の各項目から詳細設定が容易に出来ます。)



メリット:【ワンクリックで選択中の部品仕様が確認可能】
Step-1 まず、ご希望する
部品の選択をすると、プレビュー画面(黒枠内)へその部品が表示されます。
Step-2 次にその部品の仕様につき、メーカーリンクボタン(緑枠内)をクリックすると即、確認できます。
(選択された部品の、 ”メーカーリンク” ボタンが機能しない場合、一つ前に表示されたフォルダへ戻ることにより、ボタンが機能します。)


メリット:【選択中の部品に関連したCAD図面が即入手できる】
Step-1 まず、ご希望する
部品の選択をすると、プレビュー画面(黒枠内)へその部品が表示されます。
Step-2 次に【出力先】項目(緑枠内)からお客様のCADまたはDXFを選択してください。(オートキャドメカニカルのお客様はこのステップは不要です。)
Step-3 次に【出力】ボタン(緑枠内)をクリックするとお客様のCAD内へ部品が表示され、ダブルクリックで部品図がCAD内へ配置されます。また、Step-2でDXFを選択し、【出力】ボタンから部品図をDXFデーターとして保存が可能です。


メリット:【選択中の各部品仕様をエクセル表へ一括配置】
Step-1 まず、ご希望する
部品の選択をすると、プレビュー画面(黒枠内)へその部品が表示されます。
Step-2 次に【Excelへ】ボタン(緑枠内)を押すと”エクセルとボックス”が同時に表示されます()。エクセルの左トップにある【ファイル】ボタン(例-1)からお客様の部品表を開いてください。
Step-3 次にエクセル上に表示中ボックス内の各項目を指定してください(例-2)。そしてエクセル内の配置行をマウスで指定し(例-3)、配置ボタン(例-4)をクリックして終了。



メリット:【選択中の部品をCADプレビュー画面内(黒枠内)でCAD同様に寸法など詳細を確認する事が可能
まず、ご希望する部品の選択をすると、プレビュー画面(黒枠内)へその部品が表示されます。
次に、下記の操作をプレビュー画面内で行ってください:
図面移動: マウス右ボタンをヒットするとその位置を中心にして図面が再表示されます。
図面の拡大表示: マウス左ボタンを押しながらずらすと四角線が表示されます。四角で囲った部分が拡大表示されます。
寸法計測: マウス左ボタンにて図形要素をクリックしますと黄色点が表示されます。次に同様に要素をクリックしますと赤色点が表示され2点間の寸法が、X,Y,距離として下欄に表示されます。
配置原点の変更: マウス左ボタンにて図形要素をダブルクリックすると配置原点を移動します。
要素検出: 線分の端点、中点、交点、円の 0° 90° 180° 270° 中心の各点、円弧の端点 0° 90° 180° 270° 中心の各点、線分と円(円弧)との交点、円(円弧)と円(円弧)との交点
表示面切替えボタン: 黒枠内の正/側/上など、 このボタンを切替えることにより表示投影面をかえる事が出来ます。
線色/線種設定:緑枠内の出力設定ボタンをクリックすると設定画面が表示され、「線色設定」「線種設定」の入力BOXへ各種設定を入力してください。黒枠内のプレビュー画面には反映されませんが、CADへ出力する時は、変更された線色・線種にて出力されます。




    EG PARTS部品表へ部品の仕様を配置する方法
   【ファイル】ボタン
   【追加】ボタン
   【編集】ボタン
   【上/下】ボタン
   【削除/全削除】ボタン
   【社内品番】ボタン
   【メーカーリンク】ボタン
   【見積りへ】ボタン
   【Excel入力】ボタン
   【価格情報出力】ボタン
   【CSV出力】ボタン
   【部品図へ】ボタン


EG PARTS総合カタログから部品仕様を配置する場合
Step-1 まず、ご希望する部品の選択をすると、プレビュー画面(黒枠内)へその部品が表示されます。
Step-2 【部品表へ】ボタン(緑枠内)を押すと ”EG PARTS部品表” へ直接部品仕様が配置されます。  次に、”EG PARTS部品表” を見積したい場合 "見積りへ" に従い簡単に見積依頼が出来ます。

エクセル部品表を呼び込む場合
メリット:【お客様のエクセル部品表を一括で呼び込む事ができ、即見積依頼などが可能】
Step-1 まずデスクトップアイコンから ”EG PARTS部品表ソフト” を開いてください。次に、Excel入力セクションの
STEP:1-3で終了します。

EG PARTS総合カタログを使い、CADへ配置される部品仕様を一括で呼び込む場合、こちらからお進みください。(オートキャドメカニカルのみ)



まず、
部品の選択をし、緑枠内の ”部品表へ” ボタンをクリックする事により、” EG PARTS部品表” が表示され、部品の仕様が配置されます。
次に、表示中の部品表内から下記の操作を行ってください:

上/下: 行を移動される部品を選択し(マウスでハイライト黄色枠内にある上/下ボタンのクリックで行を動かせます。
削除/全削除: 削除される部品を選択し(マウスでハイライト)、黄色枠内にある削除ボタンで削除ができます。(全削除ボタンにはご注意
EG PARTS総合カタログ: 黄色枠内にある "EG PARTS" ボタンをクリックし ”EG PARTS総合カタログ” が表示されます
部品図へ: 部品を選択し(マウスでハイライト緑枠内にある【部品図へ】をクリックすると、”EG PARTS総合カタログ” が表示され関連部品図が黒枠内に表示されます。


メリット:【ファイルボタンから部品表を ”保存/上書き/名前を付けて保存” が出来ます。】
まず、EG PARTS部品表をデスクトップアイコンから表示すると左トップへ下記のファイルボタンがあります:


メリット:【 ”追加” ボタンから、部品表へ記入する事が出来ます。】
EG PARTS部品表をデスクトップアイコンから表示し、トップへ ”追加” ボタンがありますので下記のStep:1~3に従ってください:


メリット:【選択された部品情報を編集する事ができます。】



メリット:【 ”EG PARTS部品表” から直接部品仕様が確認できます。
まず、
部品の選択をし、緑枠内の ”部品表へ” のボタンをクリックすると、EG PARTS部品表が表示され、部品の仕様が配置されます。
次に、表示中の部品表内から下記の操作(Step:1~2)を行ってください:

Step-1 仕様を確認したい部品を選択すると青く表示されます()。
Step-2 部品の仕様につき、"メーカーリンク" ボタン(緑枠内)をクリックすると即、確認できます。


メリット:【お客様はEG PARTS部品表から、即、見積依頼ができます。】


メリット:【お客様のエクセルで作成された部品表を一括で ”EG PARTS部品表” へ呼び込む事が出来、見積依頼等々が可能です。】
まず、EG PARTS部品表をデスクトップアイコンから表示し、下記のStep:1~3を従ってください:



まず、EG PARTS部品表をデスクトップアイコンから表示し、下記のStep:1~3を従ってください:


メリット:【EG PARTS部品表内のデーターを一括で "出力保存" でき、エクセルなど他ソフトでデーターの活用ができます。】




 ← このボタンをクリックする事により、EG PARTS総合カタログ” が表示されます。
 ←  〃 〃  部品の仕様が上記例の通り即、自動配置されます【詳細】。
 ←  〃 〃  CAD内へ配置された部品が即、”EG PARTS総合カタログ” へ再表示され、部品の再確認や交換が簡単に出来ます【詳細】。
 ←  〃 〃  EG PARTSプレビュー表が表示され、CAD内へ配置された部品の購入情報がすべて自動表示され見積依頼が即可能になります【詳細】。



メリット:【ワンクリックで部品仕様がCAD内へ配置可能
Step-1 まず、
部品の選択をしてください。
Step-2 次に【出力】ボタン(緑枠内)をクリックすることによりお客様のCAD内へ部品が表示され、ダブルクリックで部品図がCAD内へ配置されます。
Step-3 次に、CAD内へあるコマンドボックスボタンをクリックし、ステップ2で配置された部品図をダブルクリックする事により、部品の仕様がの通り配置されます。


メリット:【CAD内へ配置された部品が即、”EG PARTS総合カタログ”へ再表示され、部品の再確認や交換が簡単に出来ます。】



Step-1 まず、
部品の選択をしてください。選択後、出力ボタン(緑枠内)をクリックする事により、上記の様な配置コマンドがCAD内へ表示されます。 Step-2 次に、配置コマンドの青枠内の ”グループ” ボタンをクリックしオンにして、 ”確認変更”  ボタンはオフにしてください。
Step-3 Step-2 を実行後、部品図がCAD内に表示されていますのでダブルクリックで図面がCAD内へ配置完了となります。
Step-4 次に、CAD内へあるコマンドボックスボタンをクリックし、CAD内へ Step-3 で配置された部品をクリックする事によりEG PARTS総合カタログが再表示されます。そして、同じ部品がカタログ内へ表示されます。 次に表示中のカタログから他の部品を選択し、緑枠内の 【出力】 ボタンを再度クリックすると Step-3 で配置された部品が希望するものとクリックで交換されます。(交換希望しない場合は、上記の配置コマンドの ”確認変更” ボタンをオフにしてから配置してください。)


メリット:【CAD内へ配置された部品の仕様がすべて自動記載され見積依頼が即可能になります。】



Step-1 まず、
部品の選択をし、CAD内へその部品を配置。次にCAD内にある上記コマンドボックスからボタンをクリックし、上記の様な ”EG PARTSプレビュー表” を表示してください。
Step-2a プレビュー表の赤枠内の  "部品表へ"  をクリックする事により、お客様のEG PARTS部品表に仕様が一括で配置され、見積依頼が即可能です。見積りへ
Step-2b プレビュー表の黄色枠内の  "Excelへ"  のボタンをクリックする事により、お客様のエクセル部品表に仕様を一括で配置する事が出来ます。続:例1から4





まず、
部品の選択をしてください。選択後、 ”出力” ボタン(緑枠内)をクリックする事により、上記の様な配置コマンドがCAD内へ表示されます:
配置コマンドの表示面切替えボタン: 赤枠内の正/側/上など、 このボタンを切替えることにより表示投影面をかえる事が出来ます。
配置コマンドの角度ボタン: 青枠内の ”角度” ボタンをクリックし、角度を入力する事により指定された角度でCAD内に配置されます。
配置コマンドのグループボタン: 青枠内の ”グループ” ボタンをオンにし、CAD内へ部品図を配置する事により、リバースボタンから部品の交換やカタログへ同じ部品を再度表示させる事が可能です。
配置コマンドのX・Y対称ボタン: 緑枠内 ”X対称” ボタンから配置原点を通過する縦軸を基準に線対称に配置されます。
     緑枠内 ”Y対称” ボタンから配置原点を通過する横軸を基準に線対称に配置されます。
配置コマンドの情報文字化ボタン: この機能の使用により、選択中の部品詳細情報をエクセルまたはCAD内などへ直接配置できます。 まず、部品の選択をして緑枠内の ”出力” ボタンを押してください。次に、上記の様な配置コマンドがCAD内へ表示されます。黒枠内の ”情報文字化” ボタンをクリックし、オートキャド内の編集機能(赤枠内)から ”貼り付け” を選択してCADへ情報を配置してください。