EG PARTSとは

EG PARTSのフロー

EG PARTSの開発経緯

浜松市にある省力化機械装置設計開発会社で、株式会社テクノート(後のユニオンパーツ株式会社)が、総合カタログ部分(名称:ユニオンパーツ)を開発しました。それ以降ユニオンパーツの納入ユーザー様から、「図面に使用した部品も見積依頼、発注できるソフトがあれば、更に便利だ。」、というお声を多く戴いておりました。

そこで、ユニオンパーツ株式会社と株式会社ジーネットで、ユニオンパーツをベースに、窓口機械工具店に見積・発注ができるシステムを付加したものがEG PARTSです。

EG PARTS説明書

取扱説明書

EG PARTSご利用には、

部品の選択

メーカーリンク

メリット:【ワンクリックで選択中の部品仕様が確認可能】

CAD部品出力/配置

メリット:【選択中の部品に関連したCAD図面が即入手できる】

部品表作成(エクセルでの作成)

メリット:【選択中の各部品仕様をエクセル表へ一括配置】

“CADプレビュー画面”(黒枠内)の操作/設定方法

メリット:【選択中の部品をCADプレビュー画面内(黒枠内)でCAD同様に寸法など詳細を確認する事が可能】

まず、ご希望する部品の選択をすると、プレビュー画面(黒枠内)へその部品が表示されます。
次に、下記の操作をプレビュー画面内で行ってください:

EG PARTS部品表【Index】

EG PARTS部品表へ部品仕様を配置する方法/呼び込み方法。

■EG PARTS総合カタログから部品仕様を配置する場合:

■エクセル部品表を呼び込む場合:

メリット:【お客様のエクセル部品表を一括で呼び込む事ができ、即見積依頼などが可能】

■EG PARTS総合カタログを使い、CADへ配置される部品仕様を一括で呼び込む場合、こちらからお進みください。(オートキャドメカニカルのみ)

EG PARTS部品表内の【上/下|削除/全削除|EG PARTS|部品図へ】ボタンについて:

まず、部品の選択をし、緑枠内の“部品表へ”ボタンをクリックする事により、“EG PARTS部品表”が表示され、部品の仕様が配置されます。
次に、表示中の部品表内から下記の操作を行ってください:

ファイル

メリット:【ファイルボタンから部品表を“保存/上書き/名前を付けて保存”が出来ます。】

まず、EG PARTS部品表をデスクトップアイコンから表示すると左トップへ下記のファイルボタンがあります:

追加ボタン

メリット:【“追加”ボタンから、部品表へ記入する事が出来ます。】

EG PARTS部品表をデスクトップアイコンから表示し、トップへ“追加”ボタンがありますので下記のStep:1~3に従ってください:

編集ボタン

メリット:【選択された部品情報を編集する事ができます。】

社内品番

メーカーリンク

メリット:【“EG PARTS部品表”から直接部品仕様が確認できます。】

まず、部品の選択をし、緑枠内の“部品表へ”のボタンをクリックすると、EG PARTS部品表が表示され、部品の仕様が配置されます。
次に、表示中の部品表内から下記の操作(Step:1~2)を行ってください:

見積りへ

メリット:【お客様はEG PARTS部品表から、即、見積依頼ができます。】

Excel入力

メリット:【お客様のエクセルで作成された部品表を一括で“EG PARTS部品表”へ呼び込む事が出来、見積依頼等々が可能です。】

まず、EG PARTS部品表をデスクトップアイコンから表示し、下記のStep:1~3を従ってください:

エクセル部品表へ価格/納期の出力方法

まず、EG PARTS部品表をデスクトップアイコンから表示し、下記のStep:1~3を従ってください:

CSV出力機能

メリット:【EG PARTS部品表内のデーターを一括で“出力保存”でき、エクセルなど他ソフトでデーターの活用ができます。】

EG PARTSコマンドボックス【“32ビット”オートキャドメカニカルのみ】

【仕様配置】ボタンの詳細:【“32ビット”オートキャドメカニカルのみ】

メリット:【ワンクリックで部品仕様がCAD内へ配置可能】

【リバース】ボタンの詳細:【“32ビット”オートキャドメカニカルのみ】

メリット:【CAD内へ配置された部品が即、“EG PARTS総合カタログ”へ再表示され、部品の再確認や交換が簡単に出来ます。】

EG PARTSプレビュー表の詳細:【“32ビット”オートキャドメカニカルのみ】

メリット:【CAD内へ配置された部品の仕様がすべて自動記載され見積依頼が即可能になります。】

【配置コマンド】の詳細:【“32ビット”オートキャドメカニカルのみ】

まず、部品の選択をしてください。選択後、“出力”ボタン(緑枠内)をクリックする事により、上記の様な配置コマンドがCAD内へ表示されます:

ページトップへ